top of page
  • Shinji

長い時間

こんにちは、シンジです。

この夏休みは結局、ずっと雨だった。な~んにも楽しくない夏休みだ。きちんと楽しめないし、計画していた予定もパー。これはやり直しをしてもいいんではないだろうか?

必ずしもカレンダー通りの生活じゃなきゃダメなんか?経営者の皆さん、何か言っておくれよ!なによりも青葉に全くいけなかった。マンボー以前にこの雨だ。そもそも青葉に行けなかったんだけれども。月光冥利の大敵だ、こんな天気。街をパトロールする警察も、ヤジを飛ばしてストレス発散しているしょうもないばあさんも月光冥利を止めることは出来ない。これまでそうだった。だけど雨だけは。。。全く手が出せない。

まぁ、その間にサボっているわけではないので、月光冥利も。そこは信じてほしい。


先日のブログ内で、「釣りも路上ライブも行かなければ何も得られない。だからその場に行くしかないのだ」ということを言ったけれど、この雨では釣りも青葉も行けなかったね。全く。家にいて得られたものと言えば、「TED」という作品を観たことくらいだ。TEDを観たことがある人はどれくらいいるのだろうか?アルパカは今回初めて見た。有名な作品だし、色々なところで紹介はされているのでなんとなく、概要は知っていたのだけれども。やっぱり実際に観ると思っていたものとまったく違うものなんだと知ることが出来た。

TEDは一言で端的に言うと「クソしょーもない映画」だ。これはね、決して批判的な意味でないことをどうか承知してほしい。アルパカはあぁいう映画が大好物だ。製作陣には本当に心の底から惜しみない拍手を送りたい。よくあのような映画を作ってくれたものだと。。

主人公は、可愛いテディベアなのだけれども映画は15禁である。

「可愛い熊のぬいぐるみが主人公なのに15禁」なんとも感動的な文章だ。

映画の詳しい中身は勿論ここには書かないけれども、下ネタ・スラング・差別用語などなど

ブラックジョークのオンパレードだ。今のご時世なら公開と同時にすぐに批判を受けてお蔵入りになるんだろうな。で、伝説化して数年後にフィルムが出回ってマニアの間で人気になるタイプだ。アルパカはブラックジョークの類とかくだらないジョークが本当に好きなのでずっと笑いながら観ていられた。「TED2」もあるらしいので是非観たいと思っている。


まぁ、最近のこのご時世。ネットを通して世界中の人間がお互いを監視し合って足の引っ張り合いをしているような気がする。ポリコレを振りかざして過去まで遡って人を叩いて立場を追いやるという流れが良く見られる。本当に、暇な人間が多いことだと悲しくなる。

Latoの歌詞はある意味ブラックジョーク的な一面も含まれているときがある。「心の綺麗な人達」は顔を真っ赤にして「なんて歌を出しているんだ!」と言い出しそうだな。

月光冥利のお客さんの皆さんはいつも楽しんで聴いてCDも喜んで買ってくれるから本当にありがたいと感じる。楽しめる人と一緒に楽しむ。映画もライブも、エンターテイメントでは基本だな。


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page