top of page
  • 執筆者の写真Lato

おこた

ついにこたつを出してしまった。

気温3℃だろうが深夜の青葉で歌っているけど、基本寒がりだ。こたつ大好き。

部屋の掃除がちょっとめんどくさくなることと、絶対寝落ちしてしまうことの2点が良くない点ではある。だけど最近寒いし。。こたつの幸せ感てすごい。日本の宝だと思う。


幸せ、というワードで思い出した。


青葉でお客様からすごく嬉しいお言葉を聞かせてもらったのだった。

青葉でリクエストを聞くと、「公園で」「beautiful days」とのことでお応えした。

beautifulについて、お客様は


あの曲は、日常の小さな幸せをちゃんと幸せなんだなって思わせてくれる曲

景色がきれいだったりすると、幸せだなってなぜか思える

幸せな気持ちになれる曲なんだ


とおっしゃった。

凄まじく嬉しかった。周平と初めて一緒に作った曲を気に入っていただけたことにまず感動したし、幸せだと思っていただけるような歌詞をこんな自分が書けたのかと思うとすごく嬉しかった。

私はこれまであんまりこの手の曲は作ってこなかったし、歌詞についても普段青葉で戦ってできたものが多かったし、それこそが自分にしか書けないものだしそれを好んで書いてきた。

夜・化け物・気が強い女・猛獣…そういうイメージが強かったし気に入っていた。

しかし周平からもらったコード進行を聞いたとき、そういう雰囲気じゃないなと思いちょっと気恥ずかしいながらも書いたのがbeautifulだった。とても素直に書いた歌詞だ。今の自分の楽しい気持ちを。


それは聞き手にどんな印象を与えるのか正直怖さもあった。


Latoのやつ、やたらぶりっこみたいになっちまって見損なったぜ。という声だってあるだろうなと思っていた。

でも、そう思うなら思えばいいさっていうどこか開き直った感覚もあり。だって私は自分がやりたいことをやっていくだけだから。以前のファンがどこまでついてきてくれるのか不安はなくはなかったけど。

だから昨日の晩、前から見ててくれてるお客様からのbeautifulの感想はすごく嬉しかったのだ。


大事に育てていこうと思う。この曲を。

そして、この曲が歌える状態でいつもありたいね。めっちゃ喧嘩とかしてたら歌えない曲ではあるから。笑



※追記:おこたに入りながらライブ告知してます⇩



閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page